HISTORY
開発秘話·会社概要

くつ底キャッチャー誕生の秘密

株式会社伊藤のステンレス製滑り止め「くつ底キャッチャー」は、「お客様のご要望を形にしたい」というスタッフの強い気持ちから生まれた製品です。
試行錯誤を重ね、工場内で高い効果が得られる製品へと成長させることができました。こちらではくつ底キャッチャーの製品開発ストーリーをご紹介します。

それはお客様のつぶやきから始まった

  • 当社はステンレス加工の分野で、豊富な実績を持つ企業です。これまでお客様によりご満足いただけるよう、短納期で品質の高いステンレス加工を、切断から機械加工、組み立てまで一貫して行ってまいりました。
    そのようなステンレス加工のお客様のうち、一社の担当者様から出たつぶやき。梯子(はしご)がある製紙工場で、滑落による労働災害事故の発生を心配しておられたようです。
    お客様のご要望を何とか形にしたい――。私たちの挑戦が始まりました。

  • それはお客様のつぶやきから始まった

課題を克服するための取り組み

課題を克服するための取り組み

製造業・加工業をはじめとする多くの企業様と関わる中で、当社のスタッフも滑り止めの重要性は十分に理解していました。
もちろん、自社のスタッフにとっても防滑は大きなテーマです。工場内には水や油が多く、滑り止めテープではすぐに劣化して効果がなくなってしまいます。
ステンレスなら錆びる心配も摩耗する心配もないので、耐久性の面では圧倒的に有利。塗装は費用や手間がかかるわりにあまり高い滑り止め効果が得られません。
問題は、どうすればステンレスを加工することで高い滑り止め効果が実現できるかという点でした。
これまでに培ってきた金属加工技術を最大限に生かしつつ、人間の重心移動の計算もふまえて何度も試行錯誤を繰り返しながら、私たちはついに非常に高い防滑効果が得られる穴の開け方にたどり着きました。
長期間設置していても、ゆるみが起きない固定方法の発見にも成功。
これで、油の揮発が多い工場内の階段でも、雨で滑りやすい屋外の階段でも、自信を持ってお使いいただける滑り止めができたのです。
スタッフの安全を願うお客様のお手元にこの製品を届けることができたのは、開発に着手してからおよそ1年後のことでした。

お客様の笑顔と安全のために

お客様の安全を確保する製品の開発に携われたことは、私たちにとって大きな誇りです。より多くのお客様の笑顔と安全を守るために、私たちはこの製品をご提案し続けます。

株式会社伊藤の会社案内

  • 株式会社伊藤は、ステンレス鋼材全般の販売を目的として平成元年に設立した会社です。私たちが掲げる理想は、常にお客様の喜びとともに発展していく企業であり続けること。一人でも多くのお客様に対して最良の製品を正確・迅速にお届けすべく、専門性を活かしてステンレス鋼販売と形鋼の切断販売をしております。

  • 株式会社伊藤

大発明は偶然から生まれることが多いといいますが、私は優れたアイデアは多くのお悩みや試行錯誤のなかからこそ生まれるものだと考えています。ステンレス製の工場用滑り止め「くつ底キャッチャー」は、重大な労災事故やそのリスクを抱えた小さなヒヤリ・ハット、そしてそれを何とかしたいという工場長様や施設管理責任者様の想いの上で誕生したものなのです。私たちはこれからもそうしたお悩みやご要望に耳を傾け、優れたアイデアから高品質の製品を生み出し続けてまいりたいと考えております。今後ともよろしくお願いいたします。

株式会社伊藤 代表 伊藤栄次
詳しい会社概要はこちら