FLOW
お問合せからの流れ

くつ底キャッチャーをお求めの方へ

株式会社伊藤では、自社で独自開発したステンレス製滑り止め「くつ底キャッチャー」をご提供しています。
製紙工場・鉄工所の水や油にも対応可能な安全対策・防滑対策をお探しの方は、 メールフォームまたはお電話(0833-74-2770)にてお気軽にお問い合わせください。
こちらでは、お問い合わせから設置までの流れをご紹介します。

くつ底キャッチャーのお問い合わせから設置まで

  • STEP1

    step1 お問合せ

    お問合せ

  • お問い合わせフォームもしくはお電話から、お気軽にお問い合わせください。ご希望のサイズや本数などの仕様をご入力いただくとスムーズです。
    お電話でのサンプル·お見積り·ご相談はこちら
     0833-74-2770平日9:00~17:00 定休日:土日祝

  • STEP2

    step2 お見積り

    お見積り

  • 設置場所の仕様やサイズ、ご注文本数に応じた見積もりをお出しします。特注サイズなど、ご注文内容によってはスタッフがおうかがいして現地調査をいたします。

  • STEP3

    step3 ご注文

    ご注文

  • 金額にご納得いただければ、製品をご注文ください。小ロットのご要望にもお応えしております。ご希望者には、有料にてサンプルのご送付も可能です。

  • STEP4

    step4 製造

    製造

  • くつ底キャッチャーは受注生産です。ステンレスを加工して製造いたします。

  • STEP5

    step5 完成・配送

    完成・配送

  • 完成までに2週間程度かかります。配送に必要な期間は場所によって異なりますが、1~3日程度が目安になります。

  • STEP6

    step6 設置

    設置

  • 設置はご自身でかんたんに行えます。くわしくは施工方法をご覧ください。

くつ底キャッチャーの施工方法

鋼板用

滑り止め本体:取りつけ穴φ6×5箇所
付属品:ビス(セルフドリリングスクリュー)M5×16を5個

  • 1 位置決め

    位置決め

    階段に滑り止めを置きます。

  • 2 穴あけ

    穴あけ

    取りつけ用の穴の上からM5用のドリルで下穴を開けます。

  • 3 固定

    固定

    滑り止めの上からドライバーでビスを締めつけ、固定します。

  • 4 完了

    完了

    しっかり固定できたら完了です。

グレーチング用

滑り止め本体:取りつけ穴φ6×2箇所
付属品:専用金具3個、ナット、ワッシャー3個セット、ビス(M5×16)2個セット

  • 1 位置決め

    位置決め

    グレーチングに滑り止めを置きます。

  • 2 金具差し込み

    金具差し込み

    手前側にビス用の下穴(M5用)を2箇所空けます。そのあと、奥側を3箇所穴を空けます。グレーチング下部から梁の間に金具を添え、滑り止めの取りつけ穴の上からボルトを金具に差し込み、下からワッシャーとナットを入れます。

  • 3 固定

    固定

    下からスパナでナットを固定し、ボルトを締めます。

  • 4 完了

    完了

    しっかり固定できたら完了です。

コンクリート用

滑り止め本体:取りつけ穴φ6×5箇所
付属品:取りつけプラグ8×40を5個、タッピングネジM6×30を5個

  • 1 位置決め

    位置決め

    階段に滑り止めを置きます。

  • 2 穴あけ

    穴あけ

    コンクリートに下穴を開け、取りつけプラグを入れます。

  • 3 固定

    固定

    滑り止めの上からタッピングネジを入れて軽く打ち込み、ドライバーで締めます。

  • 4 完了

    完了

    しっかり固定できたら完了です。

はしご用

滑り止め本体:取りつけ穴φ7×4箇所
付属品:ボルト・ナット2セット、かましパイプ2個

  • 1 位置決め

    位置決め

    本体のタップネジ部を奥側にして、しっかりはめ込みます。

  • 2 金具差し込み

    金具差し込み

    ボルト、かましパイプ、ナットの順にはめ込みます。

  • 3 固定

    固定

    六角レンチでボルトとナットをしっかり固定します。

  • 4 完了

    完了

    固定できたら完了です。