DIAGNOSIS
安全対策セルフ診断

あなたの工場は大丈夫?安全対策セルフ診断

機械設備や工具を備えた工場内での転倒事故は、重大な労災事故に発展するケースもあることから企業にとって大きなリスクといえます。
あなたの工場では「滑り」や「転倒」に対し、自信を持って万全の安全対策ができているといえるでしょうか?
こちらでは、株式会社伊藤が安全対策セルフ診断のポイントについてご紹介します。まずはご自身で、工場内の安全対策をチェックしてみましょう。

安全対策セルフチェックシート

判定  

判定結果は下に表示されます

  • 転倒リスク:低 安全管理が徹底出来ています!
  • チェックが 0 の方

    転倒リスク:低  安全管理が徹底出来ています!

    今のところ、工場内の転倒リスク管理で大きな問題は見当たりません。今後も安全な状態が保てるよう、注意を続けましょう。

  • 転倒リスク:中 注意!気を抜くと転倒の危険!
  • チェックが 1〜5 の方

    転倒リスク:中  注意!気を抜くと転倒の危険!

    工場内で転倒事故が起こるリスクがゼロではなさそうです。重大な事故を未然に防ぐために保全業務をシステム化し、問題点の洗い出しを行いましょう。

  • 転倒リスク:高 大変危険!!すぐに対策の検討を!
  • チェックが 6以上 の方

    転倒リスク:高  大変危険!すぐに対策の検討を!

    工場内で転倒事故が起こるリスクが高い状態です。工場内での転倒は重大な労災事故につながる可能性もあります。これを防ぐために今すぐ「5S」の徹底を図り、保全業務のシステム化を行いましょう。